我が家の農園でイチゴがたくさん取れるようになりました!

路地で完熟♡とても美味しいです。ビタミンCたっぷり!免疫力アップです!

ただし…傷みが早い💦収穫して持って帰る間にも潰れちゃったり、黒くさらに熟れちゃったり。農家さんの苦労が身にしみます。

1度にたくさん取れるので、1日では食べきれず冷蔵庫でひと晩…さらに傷みます😱

いちごジャムづくり
こうなったら、もったいないけど悪いところを削って、いちごジャムにしちゃいましょう!

重さを量ってみると今回はヘタを取って620gありました。まぁすぐ食べ切っちゃうだろうなと思いましたが、少し保存も考えて、お砂糖はイチゴの重さの40%(250g)にしました。長期保存をしたいなら、60%ぐらいがいいようですよ。

上白糖は使わずに、せっかくの手づくりなんで、てんさい糖で。色が黒っぽくなりますが、オリゴ糖たっぷりで栄養価も上がるかな😊

いちごジャムのレシピを検索するとたーーーっくさん出てきます。だいたい、砂糖をまぶしてしばらく置き、水分が出てきたら火にかけるという手順のものが多いのですが、今回はまず、いちごだけを鍋に入れて火にかけ、あとから砂糖を入れる方法で作りました。この方法だと砂糖が焦げないので、失敗が少ないのだとか。

いちごジャムづくり
⚠︎酸が強いのでお鍋は琺瑯かステンレスで作りましょう。

しばらくするとものすごい水分が出てきますよ~。アクも出てくるので、今回は丁寧に取りました。ガンガン水分を飛ばしていきます。15分ほど煮詰めたところで、砂糖を投入~。さらに煮詰めます。

いちごジャムづくり
かなり煮詰まりました。ここにレモン汁を入れます。ペクチンという成分を引出し、とろみを付けてくれます。発色も良くなります。レモン汁がないときは、穀物酢を少し入れてもいいそうです。

さらに煮詰めて、とろみが付いてきたら完成です!なんですが…このとろみ、どこまで付けるの?と悩んだことありませんか?

私は過去に市販のジャムの硬さまで鍋で煮詰めて、冷めたらカッチカチで食べられなかった苦い経験があります💦

とろみの確認は、ジャムテストというのをするそうです。冷水を入れたコップにジャムの液体の部分を1滴落とします。そのまま底まで沈んだらOK。散るようならさらに煮詰めるといいそうです。…知らずにテキトーにしてました💧今回も出来上がってから知りました…次回には活かせそうです!

手づくりイチゴジャム
パンにつけても良し、ヨーグルトに入れても良し、ストレスが多いこの季節。しっかりビタミンC補給して、夏に向けたカラダづくりをしていきたいですね。

いちごシーズンももうすぐ終了ですが、いちごが手に入ったら、みなさんもぜひ作ってみてくださいね♡

おこぼれをもらうイヌ

🎀1dayレッスン受付中🎀

リクエストレッスンも受け付けてます。

ご連絡の際は

①お名前
②ご住所
③お電話番号
④メールアドレス
⑤ご希望のレッスン内容
⑥レッスン希望日(第1希望日~第3希望日までお書き下さい)
以下はリボンレッスンご希望の方で該当する方のみ記入ください
⑦ブログアドレス
⑧リボン協会名
⑨リボンご卒業サロン名
以上を明記のうえ、下記までご連絡下さいませ
メール: kensyun412@gmail.com
LINEでもお気軽にお問い合わせいただけます。
LINE ID: @qyd4330v
↓こちらのQRコードから登録できます。

line@

今後のイベント予定

6月4日(日)川西郷土館 東谷ズムリボン雑貨販売&ワークショップ出店

6月13日(火)HappyRoomひまわり リボンレッスン

最後までご覧いただきありがとうございました♡